トートバッグができるまでの工房内作業状況をご紹介

ヒデ・エーシーアイ

 トップページ > バッグができるまで
オリジナルババッグができるまで
当工房では、企画から裁断、縫製加工、納品まで自社工房内で行われております。そんな風景を簡単にご紹介します。
裁断図面の下書き 型紙に合わせて裁断の準備

@ まずは、生地の無題が出ないよう生地の原反巾に合わせて型紙を起こし、裁断するラインを書きます。

A 裁断の図面を書き終えたら、図面に合わせて生地をほどき裁断板に掛けていきます。

おおまかに裁断 細かく裁断

B 生地をほどき終えたら裁断板を倒し、まずは図面に合わせてタテ・ヨコに裁断機でカットします。

C 次に、バッグ本体や底など細かく裁断していきます。ここまで来るとバッグの本体・形が見えてきます。

付属品をチェックし縫製加工へ 縫製加工

D 本体、底、持ち手などパーツ裁断が終わったら、縫製加工に入ります。バッグのデザインによって、パーツの種類が変わります。

E 裏地のないものは、縫い合わせ部分がほころび無いようグログランテープを巻いたり、ロックで補強したりいたします。

一つひとつアイロンかけていきます。 型崩れしないよう梱包いたします。

F 縫製終了後、糸のホツレやミシン糸などのゴミが付いていないか、一つ一つ検品しながら、アイロンをかけて仕上げていきます。

G 検品、アイロン掛けが終了したら、梱包作業となります。そして、お客様の所へ配送いたします。

オリジナルババッグが出来るまで ショッピングトートバッグ編
持ち手用に共布(本体と同じ生地)で縫製 本体と持ち手を縫いつける
トートバッグの持ち手を縫う トートバッグの本体と持ち手を縫いつける

@ 持ち手部分の縫製作業です。1枚の生地を4つに折りにし縫い合わせます。ポケットや他の付属部分も最初に準備していきます。

A プリント生地を本体に縫いつけ、本体の裏両側(マチの部分)をホツレのないようロックミシンで処理します。

わき(マチ部分)を縫いつける (本体の両側) 上部を縫い付ける
トートバッグのわきを縫い合わせる トートバッグの上部を縫う

B 表地を合わせわき(マチ部分)を縫い、プリント部分の位置がズレないように処理していきます。

C 上部を縫い合わせて形を整えていきます。

仕上げ 完成!!
トートバッグの仕上げ ショッピングトートバッグ リーフ×カーキ
D 最後に口元部分の縁を縫い合わせ、仕上げとなります。 E 色々な工程を経て、オリジナルショッピングバッグの完成!




ヒデ・エーシーアイ○hide-aci
帆布オリジナルトートバッグ -手作り工房-
TEL : 03-5876-5476  E-mail : contact_ask@hide-aci.com
Copyright © hide-aci All Rights Reserved.